走行距離の多い車でも車査定に出せる

走行距離の多い車を車査定に出してみる

中古車を購入する際に、走行距離を気にする人は結構多いですね。

 

というのも走行距離が短いほど人気があって価格が高くなりますし逆に走行距離が多いほど安く売られる傾向がありますからね。

 

 

走行距離が多ければその分車体の部品が摩耗して消耗している可能性が高いです。ですから中古車を購入する際には走行距離というのは状態を知る一個の目安になるものとして重要な要素です。

 

購入する時だけでなく逆に車を売るときでも走行距離はは大きな意味を持っています。
そこで走行距離と査定の影響をよく理解しておきましょう。

 

車査定において走行距離の多い少ないの意味とは

 

走行距離の多い少ないというのは大きく分けて二つの目安があります。

 

まず1個目は単純な走行距離です。5万キロを超えてくると査定額ア減額になり10万キロを超えるとさらに減額をされてしまうラインになってきます。

 

 

もう1個の基準は1年間の走行距離です。1年間の走行距離が1万キロが基準にしてそれよりも多ければ多いと判断されます。逆にそれよりも少なければ短いと判断されます。

 

つまり、5年乗って5万キロ走った車よりも、1年しか乗らなくても2万キロ走った車の方が査定ではマイナス評価されてしまうんでう。

 

走行距離だけで車査定における価値が決まるわけではない

 

走行距離というのは車査定における価値を示す1個の状態にしかすぎません。きちんと整備されているのであればちょっと走行距離がかさんでいても減額の影響はそこまで大きくありません。他の部分で車の価値が十分高いからです。

 

 

逆に走行距離が短くても車の状態が悪かったら高い金額をもらえなくなってしまいます。
また状態以外にも人気のしゃすかどうかによっても車の価値は変わってきます

 

人気の車種の場合走行距離が多くてもマイナスの影響を受けにくいです。
逆に不人気者だと走行距離が少なくても状態がよくても査定はイマイチになる可能性もあります。

 

以上のように走行距離は車査定における絶対的な基準ではないということを覚えておきましょう。

 

車査定における走行距離10万キロが車の寿命説の真偽

 

一般的に車は10万キロ走れば寿命だと言われています。

 

しかし最近の新しい車では10万キロでは寿命はきません。

 

 

整備させしっかりしていれば車は非常に長持ちします。ですから10万キロどころか20万キロでも30万キロでも走ることができます。
ではなぜ10万キロが寿命だと言われているんでしょうか。

 

それはそれくらいの走行距離になると劣化する部分が出てきて様々な消耗品を交換する時期になっているからです。

 

消耗員の交換費用が何十万もかかることを考えたら新しい車を買った方がいいんじゃないか?と考えてる人が多いようです。

 

10万キロ走行車でも車査定で高額になることがある

 

最近では車に対する正しい知識を持つ人が増えました。

 

ですから10万キロを超えた車だからと言って二束三文になることは少なくなってきました。

 

 

大切に使用されていた車であれば正当な評価をしてくれる業者も多いです。

 

また日本車は海外での需要がおおいです、性能がもともと高いので日本では全く相手にされないような多走行車であっても海外に販路を持っている業者であれば高く売れます。

 

走行距離が多いと車査定で減額の理由になってしまう

 

走行距離が多い車を高く売ることができる可能性があるといても、やはり減額の大きな理由になってしまいます。

 

また、買取業者としても車はできる限りや安く買い取りたいです。ですから業者は走行距離が多いことを過剰にアピールして安く買い取りをするための口実にすることもあります。

 

 

どれだけ状態面が重要といっても車の良し悪しを見抜く目は素人がプロに叶うものではありません。
プロが走行距離が多いということを口実に減額を迫ってきた時にそれが事実であれば、素人のあなたが上手く反論するのは難しいでしょう。

 

複数の業者から一括査定を受けてみよう

 

走行距離が多い車を知識のない一般人が高く売るのは簡単なことではありません、
どうれだけ状態のいい車でもマイナス材料になる走行距離の多さはやはり頭の痛い課題です。

 


走行距離が多い車を高く売るのは不可能なのか言われればそうではなく、複数の業者から一括査定を受けてみれば高価買取も夢ではありません。

 

多くの買取業者から査定を受けていれば、多少走行距離が多くても車の状態の良さを評価して高く買取ってくれる業者が出てくる可能性もあります。

 

また本来であれば安く買い取りたいけども他社から査定受けているようなので他社に取られるくらいなら高い金額を提示して買い取ってしまおうという買取業者も出てきます。

 

加えて1社だけ査定を受けた場合どうしても相手ペースで交渉が進んでしまいます。

 

しかし複数の業者から査定を受けたら買い手側ではなく売り手側のペースで話を進めることができます。
したがって一括査定を利用して複数の業者から話を聞いてみることをオススメします。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ